乳酸キャベツの作り方。

東京都江東区グルテンフリーの米粉教室アトリエアールです。
グルテンフリーと発酵食材を意識した食事を4月頃から取り入れ、体調が一気に良くなりました。
このブログでは、そんな私のお気に入りの簡単発酵レシピや米粉を紹介をしていきます。



4月の頭から意識してる腸活。
あっという間に1ヶ月が経とうとしてますが、毎日楽しく、美味しく続けています。


今回はドイツ料理の付け合わせで知られる、ザワークラフトの簡単レシピをご紹介致します。



日本では乳酸キャベツの名前で少し前に流行ったので知ってる人も多いかと思います^ ^


乳酸キャベツ(ザワークラフト)の作り方。



●材料●

キャベツ 500g(約半玉)
塩    10g
ローリエ 1枚

唐辛子  お好みで


大きめのジップロックなどの袋に千切りにしたキャベツと塩を入れ、フリフリする。

塩が全体に混ざったら、ローリエ、お好みで唐辛子を入れる。

重石を乗せ、常温発酵。

※春夏は1~3日、秋冬は3~6日が目安です。



  • 水分が白っぽく濁って泡が発生し、
  • うっすら茶色がかった感じの色になり、
  • 酸っぱいニオイがしていたら完成。

冷蔵庫保存。


状態が良ければ1年保存出来るそう^ ^
時間が経つにつれ、まろやかな味わいになります。
※ジップロックの袋のまま、あるいは煮沸した瓶に入れて、空気に触れないように
してください。



ザワークラフトはドイツの名物料理で、ソーセージなどの肉料理の付け合わせで食べられる
ことが多いです。

以前紹介した納豆麹との相性も抜群です。


加熱したら菌は死んでしまいますが、死菌は生菌のエサとなり、整腸作用の効果が期待できるので、加熱料理に活用する事も可能❣️



色々とアレンジしてみてくださいー。



次回は塩麹を使った水キムチのレシピを紹介出来たらと思ってますー^ ^
タイトルとURLをコピーしました